【書評】これが最後の投資になる! はじめてのアンティークコイン投資

執筆者(この記事を書いた人)

岩井健太

岩井 健太

アンティークコインコレクション 運営統括責任者 /
TRADEeze合同会社 代表社員 / (輸出入事業収益:最高 300万円 / 月)
鑑定会社NGC プレミアム会員 / アンティークコインディーラー(コイン商)

1982年生まれ。近畿大学卒。輸出入事業に従事し、30ヵ国以上の方々との取引実績あり。
現在は海外ディーラーと情報交換をしながら分散投資としての「アンティークコイン投資」を提案中。

コインパレス安井将弘さんの3冊目の著書

これが最後の投資になる! はじめてのアンティークコイン投資

これが最後の投資になる! はじめてのアンティークコイン投資」(2020年8月6日 初版発行)を拝読し、コインパレス安井さんのアンティークコインに対する熱意に心を動かされました。 (リンク先:Amazon.ne.jp)

アンティークコイン投資についての知識や洞察についてはもちろん、ご自身の赤裸々なストーリーも開示されていらっしゃいます。

また、以前のお仕事で一度挫折された時、奥様の故郷である沖縄県宮古島で1年間ほど別のお仕事をされ、建て直しされたようです。

実は私(イワイ)も同じように就職活動に挫折し、大学卒業後、宮古島に1年間ほどお世話になったという過去を持っています。

そしてそこから道が拓けたという経歴があり、さらに同じ関西出身でいらっしゃったため誠に勝手ではございますが、一方的に親近感を持たせていただいております。

また私(イワイ)はアンティークコイン投資歴3年目という若輩者のため、誠に僭越ではございますが、ルーキー(新人)目線から見た書評としてぜひご紹介させてください。

コインパレス 安井将弘さんとは

コインパレス(神戸芸術センター30階)

コインパレス代表 安井将弘 氏

■株式会社コインパレス 代表取締役社長

■神戸の高層ビルの30階にアンティークコインのショールーム「コインパレス」(COIN PALACE)という会員制ショールームを運営 (リンク先:ウィキペディア)

■イギリスアンティークコイン専門家

■PCGS認定ディーラー / NGC認定ディーラー

■Webサイト:コインパレス(COIN PALACE) 

 

株式会社経営実店舗運営PCGS・NGC認定ディーラーという信頼がすでにあるにも関わらず、アンティークコインに対する情熱と惜しみなく自己開示するというその姿勢には頭が上がりません。

そのようなお人柄のコインパレス安井さんの本をぜひご紹介させていただいてもよろしいでしょうか。 

この書評で得られること(アンティークコイン投資に失敗しないために)

この書評であなたが得られることは、

・信頼あるベテランコイン商のコインパレス安井さんのアンティークコイン投資についての主張・エッセンスを学べます

これが最後の投資になる! はじめてのアンティークコイン投資を購入検討するきっかけになります。

イギリスアンティークコイン投資の可能性を学べます。

コイン専門プラットフォーム「コインプラザ」を知ることができます。

です。

それでは見ていきましょう。

 

著書「これが最後の投資になる! はじめてのアンティークコイン投資」とは

これが最後の投資になる! はじめてのアンティークコイン投資上部

まずは本書に書かれていることを厳選ピックアップしてまとめさせていただきました。

(PCでご覧の方のみ:本書の冒頭部分やコインパレス安井さんストーリーの後半部分はAmazon試し読みでご覧いただけます。

 

本書全体の流れとしましては、

1. アンティークコイン投資のメリット

2. おすすめはイギリスコイン(最近はモダンコインも人気)

3. 投資対象にするアンティークコインの選び方(プロセス)

4. アンティークコインと他の投資商品との比較(各メリット・デメリット)

5. コインショップの選び方

6. コインパレスの経歴書(コインパレス安井さんご自身のストーリー)

となります。


※あくまで本の紹介・書評とさせていただきます。
肝となる内容などは実際に本書をご購入のうえ、ぜひご覧ください。

1. アンティークコイン投資のメリット

アンティークコイン投資のメリット

現在の社会情勢と経済の見通しについて説明されており、具体的に危惧されています。

アンティークコイン投資の最大のメリットは「守り」と「安定した値上がり」だと主張されています。

2020年2月のコロナショックで株価が大暴落したのはあなたも記憶に新しいかと思います。

しかしながら「ショック」以上の危機が起きた時のことは考えていらっしゃいますでしょうか。

本書では、「預金封鎖」「平価の切り下げ」についても触れられており、アンティークコインはその危機にも耐えうる、耐えてきたとこれまでの歴史を根拠に語られています。 (リンク先:コトバンク)

私(イワイ)は自身が考えていることと意見の多くが一致していたため、「やはりそうですよね!」と非常に嬉しく思った反面、読んでいてとても恥ずかしくなってしまいました。

なぜなら、先人の方が周囲に行き届くようにすでに主張されていることを、私(イワイ)は我がもの顔で主張していると気が付いたからです。

非常に恥ずかしく思いましたが、やはり日本国民にとって非常に大切なことですので、私(イワイ)も発信し続けるべきであると考えました。

備えあれば憂いなし」と強く感じています。

検討外れな未来になっているかもしれませんし、的中しているかもしれません。

しかしながらアンティークコインに触れながら歴史を勉強していると、やはり物事には全体的な周期やサイクル(繰り返し)があるような気がしてしまいます。

これからも勇気を持って有益と思われる情報をお伝えして参りたいと思います。


本書ではその他にも、

アンティークコイン投資のメリットの他3つ

アンティークコイン投資の注意点5つ

アンティークコイン投資の成功のカギ7つ

が語られています。

ぜひご一読ください。

2. おすすめはイギリスコイン(最近はモダンコインも人気)

おすすめはイギリスコイン(最近はモダンコインも人気)

アンティークコインをコレクションとしてではなく、投資として考えるのであれば「おすすめはイギリスコインだ」と断言されています。

理由は、イギリスコインには「割安感」があり、価格上昇の「伸びしろ」があるということです。

「割安感」といっても最近では特にイギリスコインの価格は「億」を超えるものも増えてきています。

この「割安感」の根拠として、興味深い例えを用い論じておられます。

それはアメリカコインとの比較です。

2021年12月25日現在、アメリカコインの最高落札額はなんと「約20億円」です。

米金貨、20億円超で落札 硬貨で世界最高額 (リンク先:AFPBB News)

 

イギリスコインの最高額おそらく約2億円のため、アメリカコインに比べると「10分の1」という割安感があります。

コインが値上がりするには色々な要素が考えられます。

それでも、上記の事実はインターネットで調べればアンティークコインコレクターやアンティークコイン投資家の皆が簡単に入手できる情報です。

そのため皆が認知している材料だと思われます。

なるほど確かに「伸びしろ」があるかもしれない、と納得しました。

また、新興国や日本のアンティークコインに関しても考察し記載されています。

そしてその他にも「イギリスコインをおすすめする理由」を4つ読むことができます。

イギリスモダンコイン

イギリスモダンコイン

また最近ではモダンコインの需要も増えてきており「モダンコイン投資」を新しい選択肢として紹介されています。

その背景として、「市場に出回るアンティークコインが減少傾向にあること」や「ジュエリーとしての金貨の輝きや美しさを求める女性投資家の参入」などを挙げられています。

コインパレス安井さんは「エリザベス2世女王」のコインをモダンコインと定義されています。

また中国の動向など需要の変化を考慮した相場予想は非常に勉強になります。

そしてご存知かもしれませんが、モダンコインを投資対象にするか否かは賛否分かれるところです。

私(イワイ)のスタンスは「投資対象になる」です。

しかしながら「過去のデータ」という強い根拠はありません。

そこで今後値上がりするかどうかを考える時に当てはめたい方程式があります。

それは、

「羨望度(ラグジュアリー度)=人気度(ポジティブか)×認知度(何人知っているか)÷希少性(残存数)」

です。

詳しくはアンティークコインが売れないたった一つの理由!値上がりするコイン売却の方程式をご覧ください。

 

羨望度(ラグジュアリー度)とは、一般にはなかなか叶えることや手にすることができず、多くの人が「羨ましい」「憧れる」「手に入れたい」と想うエネルギーの度数です。

モダンコインは新しいコインです。

そしてコインパレス安井さんも言われていますが、イギリスコインは特に発行枚数を少なく限定して世に出してきます。

そのため上記の方程式の「希少性(残存数)」は「希少性(発行枚数)」とそのまま置き換えられます。

次にそのモダンコインを買う人がそのコインをポジティブにとらえ、かつ「世界」(日本だけではない)の多くの人に認知されており、発行枚数が少ない場合、やはり価格は上昇していくと思われます。

なぜなら多くの人がそのコイン(金貨・銀貨)を「欲しい」「羨ましい」と思っているからです。

上記の方程式はあくまで概念・考え方ですが、コレクター商品の価値が高まるための本質です。

ゆえに私(イワイ)は投資対象になると思います。

しかしながら、繰り返しになりますが「過去のデータ」という強い根拠(皆が認知できる事実・情報)がないため(または少ないため)、コイン銘柄の見定めには十分の注意が必要です。

買い時を「発売開始すぐ」か「皆が忘れた頃」に購入・落札するとよりリスクを少なく入手することができるでしょう。

そしてモダンコインは吸い込まれるような金本来の輝きを放っているとても美しい芸術品ですので、コレクションとしても非常に楽しめます

3. 投資対象にするアンティークコインの選び方(プロセス)

投資対象にするアンティークコインの選び方(プロセス)

投資用アンティークコインの「選び方」から「保管方法」、そして「売却方法」までを5ステップで説明されています。

別ページになりますが、アンティークコイン相場の見方として「鑑定機関のPCGS・NGCの参考価格を参照する方法」が記載されています。

アンティークコイン投資をするにあたって相場を事前に確認しておくことは非常に大切です。

しかしながら、コインパレス安井さんも本書で仰られているとおり、上記の鑑定機関のPCGS・NGCの参考価格はすべてのコインを網羅していません。

そのため、記載のないコインはコインパレス安井さんなどの信頼できる専門家に伺うのがよいでしょう。

または当社アンティークコインコレクションのコイン相場解析サービスをぜひご利用ください。

当社独自のシステムにより、過去20年間の全世界の日本を含めた海外オークションでの落札価格を抽出し、コインチャートとしてグラフ化します。

コイン相場解析サービス

 

本書に記載されているアンティークコインの選び方(プロセス)はすべて重要なノウハウ・TIPSです。

ぜひ本書を読んでいただきたいのですが、この中でも「売却方法」の部分でコインパレス安井さん独自のサービスをご提供されていますのでご紹介いたします。

アンティークコイン・モダンコインの専用アプリ「コインプラザ」

コインプラザ

アンティークコインを購入・落札することはできる。

しかしすぐに売れないのでは。と不安に思われている方も多くいらっしゃるかと思います。

アンティークコインは株式などの金融商品に比べ流動性は低いです。


保有していたアンティークコインを日本で売却する場合、

日本のコイン専門オークションに出品

アンティークコインディーラーへ委託販売を依頼

の2つから選択することが多いかと思います。

これらはアンティークコインを売却するための王道の方法です。

最大のメリットとしては非常に安心感があります。

しかしながら「手数料が高い」傾向や、オークション開催日やディーラーの集客力の関係で「売却までに時間がかかる」傾向があります。

 

また、上記の王道の方法以外に「ご自身でアンティークコインを売却」することも可能です。

それは「ヤフオク」や「メルカリ」などの個人売買プラットフォームを利用するという方法です。

特に「ヤフオク」は根強いアンティークコインコレクターの需要がしっかりとあるため有効な方法ではありますが、

画像撮影など手間がかかる

アンティークコイン専門サイトではない

偽物も出回っているため警戒されている、万が一のトラブル対応が一般的で不安

そのため、7桁以上の高額商品は出品しにくい(または売れにくい)

といったデメリットも考えられます。

どうしても不安感が残ってしまいます。

しかしながら手数料が比較的安く常時販売可能集客力も圧倒的です。

 

そこでコインパレス安井さんは、両方のメリットをいかし、両方のデメリットを補える「アンティークコイン専門の個人売買プラットフォーム」のアプリを開発されました。

アンティークコイン・モダンコインの専用アプリ「コインプラザ」 

 

「コインプラザ」の特徴は、

真贋補償

あなたが自由に価格設定ができる(価格変更も可能)

あなたはコインを送付するだけ

です。


アンティークコイン専門家であり、実店舗を運営されているコインパレス安井さんの運営ですので販売者側も購入者側も安心して取引ができます。

そして販売手数料は10%のようです。

これは「ヤフオク」「メルカリ」などの個人売買プラットフォームと同等の販売手数料です。

私(イワイ)も一度ぜひ利用させていただきたいと思います。

コインプラザ」によって日本のアンティークコイン仲間が増えてゆけばアンティークコインのコレクション&投資がさらに楽しくなりますね。

4. アンティークコインと他の投資商品との比較(各メリット・デメリット)

アンティークコインと他の投資商品との比較(各メリット・デメリット)

コインパレス安井さんも分散投資の必要性を説かれています。

そのうえで、

アンティークコインと金融商品の比較
(ペーパーアセット・投資信託・FX・暗号資産・預貯金)

アンティークコインとその他の実物資産の比較
(不動産・ワイン・その他美術品・金)

を俯瞰的に、それぞれのメリット・デメリットとして記載されています。

個人的には「ワイン・その他美術品」のメリット・デメリットが非常に勉強になりました。

ぜひご覧ください。

5. コインショップの選び方

コインショップの選び方

信頼できるコインショップ」と「注意すべきコインショップ」のポイントを実例を交えながら教えてくれています。

特に「注意すべきコインショップ」はアンティークコイン投資に失敗しないためにも必読かもしれません。

しかしながらこちらの箇所では一点少し気になってしまいました。

信頼できるコインショップ」の見分け方として、「古物商の免許を取得している」という項目があります。

大変心苦しく申し上げにくいことですが、海外から仕入れたアンティークコインを販売するのみの場合「古物商許可証」は必須ではない可能性がございます。

つまり「信頼できるコインショップ」の判断基準にはならないのかもしれません。


アンティークコインに関して古物商許可証が必要になるケースは、

アンティークコインの国内買取

アンティークコインオークションなどの市場の開催時

などであるという認識です。

 

2016年から古物許可証の発行基準が変わったとのお話もございます。

古物営業法は、国内での盗品等の売買の防止、被害品の早期発見が目的のようです。

海外から仕入れたアンティークコインについては、法律外の可能性がございます。

そのため、当店アンティークコインコレクションでは古物商許可証番号をHPに記載しておりません

正確には、HP記載の現所在地管轄の古物商許可証は持っておりませんが、本社所在地の兵庫県では古物許可証を取得しております。

古物商許可証|TRADEeze合同会社

兵庫県公安委員会 第631342100037号
(取得時に自社HPはなかったためHP登録はしておりません)

取得の理由は、

・ヤフオクのストア登録時に古物商許可証が必要であったこと

・海外プラットフォームサイトで別の商材を販売するにあたり、日本サポートをつけるために古物商許可証が必要であったこと

です。

 

実際に兵庫県警察署の方は、「アンティークコインの販売のみでは古物商許可証を発行する必要はない」と初めは受理していただけませんでした。

アンティークコインだけでなく別商材も扱っていることと、上記の取得理由を説明し、渋々作っていただいたような流れがありました。


つまるところ、何を主張したいのかと申しますと、

「古物商許可証番号をHPに記載しておらずとも、私(イワイ)は誠実に胸を張って商売しているアンティークコイン販売業者です。なんとか信頼していただけませんでしょうか。」

ということでございます。

 

この点は法律に関することですので、法律の専門家にご確認いただくことが一番クリアになるかと思います。

繰り返しになりますが、2016年から古物許可証の発行基準が変わったことが起因しているのかもしれません。

6. コインパレスの経歴書(コインパレス安井さんご自身のストーリー)

コインパレスの経歴書(コインパレス安井さんご自身のストーリー)

コインパレスが選ばれる理由コインパレスができるまでの安井さんの苦悩・挑戦が赤裸々に書かれています。

コインパレスが選ばれる理由は様々あると思われますが、

イギリスコイン専門店

実店舗を運営している

ウナとライオン金貨を所有している

PCGS認定ディーラー / NGC認定ディーラー

コイン専門個人売買プラットフォーム「コインプラザ」を運営している

の5点が主に挙げられるかと思います。

 

そして何より、コインパレス安井さんの仕事に対する姿勢・熱意、苦悩や道が拓けた瞬間など、すべてをさらけ出したストーリーが描かれています。

お父様との確執、組織のトップとしての苦悩、親友とのすれ違い…。
そして宮古島での1年間。

自分と重ね合わせ、共感して拝読させていただきました。

ストーリーの興味深さもさることながら、おそらくは「すべてをさらけ出して自己開示した方がよりお客様に信頼していただける」という判断でされていらっしゃるのだと勝手ながら推測させていただきました。

その御姿勢に私(イワイ)は頭が上がりません。感銘を受けました。

お客様に向き合う姿勢と高額商品を取り扱うという責任の重さを、今一度自分に問うてみました。

そして安井さんに見習い、より一層自身を引き締め、誠心誠意コイン商として勤め上げようと决意いたしました。

学びをいただき誠にありがとうございます。

 

いかがでしたでしょうか。

信頼を勝ち得て来られたコインパレス安井さんの3冊目の著書「これが最後の投資になる! はじめてのアンティークコイン投資」。

アンティークコインを投資をするうえで知っておきたい、おすすめの一冊です。

ぜひ手に取ってご覧なられてみてください。

 

 

アンティークコイン投資関連の記事です
アンティークコイン投資とは【特徴編】メリット・デメリットは?

アンティークコイン投資とは【目的編】コイン活用方法

アンティークコイン投資に失敗しないために!5つの実例でわかる失敗の特徴と解決策

最近見た商品


オークション
入札代行サービス

コインオークション入札代行サービス|アンティークコインコレクションのメインコンテンツ

最も効率よく、安価で
コインを取得されたい場合は


オークション
入札代行サービス

入札の対象は、
アンティークコインコレクション
公式LINEアカウント
またはメールマガジンで配信される
過去データを根拠にした
狙い目のオークションコイン
」です。

そのためコインの知識がない方でも
安全にコインを取得いただけます。

また、鑑定会社NGCを活用した
1.スラブケース交換
2.クロスオーバー依頼
3.再鑑定依頼
4.コイン修復依頼
もプラスαで承ります。

株式投資や不動産投資と同じように
アンティークコインも買値、
エントリーポイントが重要です。

私たちが目指すのは、
コレクター「賢」投資家です。

コレクションとしてコイン収集を
楽しみながら変化に備えましょう。







コイン相場解析サービス

コイン相場解析|アンティークコイン投資に失敗しないために

コインの価格相場(グラフ)を
お調べになりたい場合は


コイン相場解析サービス

独自システムにより過去20年間の
世界中のオークション落札価格を
グラフ化。


ご希望の銘柄のコイン相場を
解析いたします。

過去の落札価格を知ることによって
安心納得してご購入いただけます。
アンティークコイン投資に失敗しない
ために是非ご活用ください。






資産防衛,資産保全のための
分散投資はお済みですか?

今、金融経済は人類が経験したことが
ないほどに巨大に膨らんでいます。
これは実体を伴わないもの、デジタル
や紙面上のみのバブル資産です。

リスクヘッジのために資産の一部を
現物資産であるアンティークコインに
移すという選択肢があります。

膨張はいずれ、収縮に向かうことは
誰の目から見ても明らかです。
マクロな視点で考えるとこれは宇宙の
原理原則・この世の法則です。

それは近い将来のような気もします。
世界中でインフレが起きています。

ですが収縮がいつ起こるかは
誰にも予想できません。

明日リーマンショック以上の大暴落が
起こる可能性もあります。
もちろん何事もなく平穏・平和な世界
であり続けることが一番です。

しかしながら歴史を振り返ると、
時代の節目で大きな変化が起こるのは
必至です。
アンティークコインに興味のある方は
特に共感いただけるかと存じます。

何より、備えあれば今より
「安心」することができます。

家族を守ることができます。

資産を多くお持ちで、
まだ対策されていない方は
ぜひお急ぎくださいませ。


岩井健太|アンティークコインコレクション